不動産が扱っている住宅賃貸物件

最近のペットブームをうけて注目されているのが「ペット共生型」の物件ではないでしょうか。ひとむかし前、「ペットNG」は賃貸マンションの代名詞でもありました。「ペット共生型」物件はペット飼育を前提とした態勢で管理された物件のことで、入居者がペット飼育者または飼育希望者で占められているので、安心できる環境になっているそうです。ドッグランや足洗い場、専用扉などの設備も整っているようですが、全体的にはまだ少ないとききます。これに対して「ペット相談」や「ペット可」の物件は、ペットの飼育を許可しているが、特別に設備や機能は用意されていないことが多いようです。この場合、動物嫌いな他の入居者からのクレームも想定できるので、マナーには気をつけたいものです。
皆さんは、最近、不動産が取り扱う住宅物件にはユニークなものがあることをご存知ですか。今では、ワイン好き、バイク好き、音楽好きなど趣味に特化したコンセプトマンションが増えているのです。例えば、バイク好きの人たちのためには、ライダーズマンションというものがあります。ライダーズマンションとは、愛車を部屋から近いところに置いて見ていたい、盗難の被害も避けたいという希望を叶えてくれる物件です。ここは、室内にバイクを置ける部屋が設けられているのです。もちろん部屋の扉がガラス張りなので、いつでも愛車を眺めていられるのが魅力です。そして単にバイクが室内に置けるというだけでなく、建物の外観やバス・トイレ、キッチン、バルコニーのデザインも洗練されていて住み心地は抜群です。また、部屋に置くのではなく、電動シャッター付きの専用ガレージが設けられた物件もあります。このタイプは、ガレージから直接室内に入れるので、帰ってきてもすぐにゆったり寛ぐこともできます。このように同じバイク好きの人が集まるマンションなら、お隣同士でも話が合い、仲間を増やすことができます。
私も15年ほど前はバイクに乗っていました。当時はごく一般的なマンションに住んでいましたので、自分の愛車がどうにかされてしまうのではないかと気が気ではありませんでした。そして、やはり嫌な予感は的中し、大事な愛車の部品がいくつも盗まれてしまいました。ライダーズマンションのように、いつも自分の目の届く範囲に愛車を置いておけるのであれば、このようなこともありませんし、本当に安心して自分の趣味が楽しめます。

433 6/4

不動産が扱っている住宅賃貸物件 | ミュージション | 抜群の遮音性 | 魅力的な設備 | Site Map

Copyright ©All rights reserved.不動産が扱っている住宅賃貸物件.